トップページ > ふるさと納税とは? > 寄付金控除を受けるには

寄付金控除を受けるには

 控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、確定申告を行うことが必要(原則)です。確定申告が不要な給与所得者などについて、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられます。(ふるさと納税ワンストップ特例制度)

確定申告をされる方

寄附金控除を受けるためには、原則として、寄附をした翌年の3月15日までに、住所地等の所轄の税務署へ確定申告を行っていただく必要があります。確定申告を行う際には、寄附の受領証明書や、専用振込用紙の払込控(受領書)が必要となります。
確定申告書の作成は、国税庁が提供している「確定申告書等作成コーナー(国税庁)」をご利用いただくか、最寄りの税務署へお問い合わせください。
ふるさと納税の手順

確定申告を行うと、前述の「控除額の計算」に沿って所得税と住民税の控除額がそれぞれ決まり、所得税分はその年の所得税から控除(還付)され、住民税分は翌年度の住民税から控除(住民税の減額)されます。

ワンストップ特例申請をされる方

ワンストップ特例の申請を希望される場合は、寄付金の入金確認後、受領証明書と一緒に「申告特例申請書」をお送りいたしますので、必要事項を記入・押印の上、次の提出先へ郵送にてお送りください。
ふるさと納税ワンストップ特例が適用される場合

【提出先】

〒396-8617
長野県伊那市下新田3050番地
伊那市役所企画課企画政策係


なお、「申告特例申請書」の提出後に「氏名」や「住所」が変更になった場合は、「申告特例申請事項届出書」の提出が必要になりますので、ご注意ください。こちらも以下の様式をダウンロードして印刷していただき、必要事項を記入・押印の上、郵送にてお送りください。

平成28年分の寄附金に関するワンストップ特例申請書の提出期限は平成29年1月10日(必着)ですので、ご注意ください。


寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書 [pdf:293KB]

ご注意ください

 ふるさと納税は、「伊那市」を応援したいという善意を形にしていただくための取り組みであり、決して強要するものではありません。寄付の強要や詐欺行為には十分にご注意ください。
 その他、ふるさと納税の払い込みにあたり、何か不安に思うことなどがございましたら、下記「お問い合わせ先」までお気軽にご相談ください。